about


About

 

 「ナラメモリ(NARA Memory)」は、インターネット上で奈良の仏像を中心とした文化財の3Dデータを誰でも閲覧できるWebサイトです。特徴的な点としては、研究者、仏師や仏像彫刻家といった実務者向けの仕様になっており、距離計測、断面生成、光源移動、図面作成などといった機能を備えています。ブラウザベースなので、スマホやパソコンから気軽にアクセスすることができます。今後奈良に関する多くの情報を配信していく予定です。

 「ナラメモリ」という言葉には「奈良の記憶(memory)」と「奈良の目盛」という二つの意味を含んでいます。前者は奈良の文化を記録することであり、後者は奈良のコンテンツを「目盛」として利用できるようにすることです。

 文化財の研究おいては、そのものがどのような価値を有し、どのように位置付けできるかを考察して判断することが求められます。今後「ナラメモリ」は情報を徐々に追加していくことで、その判断基準となる「目盛」を増やし、文化財研究における「定規」のような役割になることを目指しています。



「ナラメモリ」は奈良県立大学において令和4〜5年度に行われた奈良県の発展に資する研究プロジェクト(奈良に宿る「文化の記録」と「記憶の継承」)における研究成果の一部です。


研究メンバー:

 山田 修(奈良県立大学 地域創造研究センター)

 竹下 繭子(京都国立博物館)

 佐藤 有希子(奈良女子大学)